花き

京都では、生け花が盛んなことや、古くからお寺や神社が多く、お供え・お祭りにも用いられることから、様々な種類の花が生活の中に溶け込んでいます。また、四季折々の気候に移ろう京都において、花は季節を感じられる存在。自然豊かな山川の景色はもちろん、屋内ではしつらえとして花を活け、客人をおもてなしする文化が根付いています。

端午の節句に欠かせない花ショウブをはじめとした豊富な地下水を利用したカラーやストックなどの湧水花き、花・茎が下に垂れ下がり滝のような迫力と美しさを持つ懸崖菊のほか、コギク、ヒオウギ、ケイトウ、バラ、ユリ、カキツバタ、パンジーなど、催事用から日常的なものまで、多様な花が府内各地で栽培されています。

京都府産の「花き」はここで購⼊できます