5つのエリア 京都府の農林水産物 キャンペーン

京都府の農林水産物を使用した特別レシピ

花菜

花菜とブロッコリーのヴルーテとアサリのブイヨン
~マスタード風味 帆立貝と若布添え~

<材料 4人前>

花菜 1/2パック 約125g
ブロッコリー 1/2個 約100g
ディジョンマスタード
(無ければ粒マスタード)
大さじ1
あさり 250g
白ワイン
(無ければ日本酒)
100㏄
ローリエ 1枚
帆立貝 4個
コーンスターチ
(無ければ片栗粉)
大さじ1
若布 50g
昆布 5g
200㏄
オリーブオイル 15㏄
バター 20g
適量
胡椒 適量

<手順>

(前日に水に昆布を浸けておく。)

付け合わせ用の花菜とブロッコリー(①-A)を用意する。残りは粗く刻む(①-B)。

花菜・ブロッコリー(①-B)をボイルして昆布ブイヨンと共にミキサーにかける。

アサリとローリエを鍋に入れ白ワインを注ぐ。蓋をして加熱し、アサリの殻が開いたら取り出す。

鍋に残っているアサリの出汁は水溶きコーンスターチを加え、沸かし濃度を調整し、濾す。

フライパンにオイルを入れ、ブロッコリー(①-A)をソテーする。

次に花菜(①-A)と帆立貝を加え、更にソテーする。

アサリ(③)と若布も加え、温めればお皿に盛り付ける。

ソテーしたフライパンに花菜とブロッコリーのピュレ(②)を入れ、加熱し、マスタードを加え、混ぜる。

仕上げた花菜のヴルーテ(⑧)を器に流す。

温めたアサリのブイヨン(④)を上からかける。

花菜の中華風炒め

<材料 4人前>
花菜
1/2パック
2個
●調味料
中華スープ
20㏄
少々
上白糖 少々
胡椒 少々
紹興酒 少々
片栗粉 少々

<手順>

卵を固めに茹で、卵黄を取り出し、冷やす。

取り出した卵黄を金ざるで濾し、細かくする。

菜の花をさっと下茹でする。

油をなじませた鍋に③を入れ、Ⓐと紹興酒を入れ、炒める。

④を皿に移し、上から②をふりかける。

京たけのこ

京たけのこと地鶏の手羽先、丹波シメジのポワレ
~アロマティックソース~

<材料 4人前>

京たけのこの水煮 1パック 約20g✕8
手羽先 8本
丹波シメジ 1パック 約10g✕12本
オニオン 50g
ニンジン 50g
ニンニク
(チューブでも可)
5g
生姜
(チューブでも可)
5g
チキンブイヨン 400㏄
30㏄
生ハムスライス
(無ければスライスベーコン)
4枚
適量
粗挽きブラックペッパー 適量
バター 20g
お好みのハーブ 適量

<手順>

手羽先を下処理する(食べ易いよう、骨を出すなど)。

たけのこをくし形に切る。丹波シメジは石附を取る。

オニオン、ニンジン、ニンニク、生姜をみじん切りにする。

手羽先を掃除した残りの部分をソテーし、筍と野菜の屑を加えチキンブイヨンを注ぎ、30分煮込む。

手羽先に塩をしてフライパンでソテーする。火の入り具合を見ながら丹波シメジ、筍を加える。

残ったフライパンにⒶを加え、優しく炒める。

⑤に酢を加え、煮詰める、さらに手羽先ブイヨン(④)を加え、美味しくなるまで煮詰め
生ハム、粗挽きブラックペッパーを加えソースを仕上げる。

お皿にソース流し、筍、手羽先シメジ上に盛り付け、ハーブを飾り完成。

京たけのこの香り炒め

<材料 4人前>
京たけのこの水煮
200g
桜海老
(生の場合は素揚げしたもの)
20g
生姜(みじん切り) 少々
唐辛子(輪切り) 少々
ザーサイ 少々
●調味料
醤油
2g
葱(みじん切り) 10g
ごま油 少々

<手順>

ザーサイをみじん切りにする。

筍を食べやすい大きさにカットし、水気を切り、180℃の油で揚げる。

鍋に①、桜海老、生姜、唐辛子を入れ香りが出るまで炒める。

③に②とⒶを入れ、味を調えて完成。